記事一覧

竹ピタゴラドミノ組立て(本事業「船坂竹灯籠」)

【イベント内容】
西宮北部にある山口町船坂地区で、竹を素材にしたイベント、竹で作る「竹灯籠」と「竹ピタゴラドミノ」を開催します。
船坂地域には豊富な竹林があり、地域の資源である一方、少子高齢化などの影響もあり、管理の行き届いていない地域もあります。
そこで当事業では、竹の伐採、成形、竹灯籠と竹ピタゴラドミノの製作をすることによって、市民の方に地域の資源の魅力を再発見していただき、より多くの方が地域活動に参加していただく機会をつくります。地域の人と人とがつながることによって、西宮のまちがさらによいまちになる効果を生むことを目的としています。

【ボランティア内容】
竹ピタゴラドミノの組立てのお手伝いをしていただきます。TOYクリエーターである野出正和さん(第1回TVチャンピオン優勝者、無垢工房主宰)の指導の元、竹ピタゴラドミノを作成していただきます。
作成した竹ピタゴラドミノは10月14日(土)「船坂竹灯籠」イベント内にて展示致します。(雨天10月15日(日)に順延)

【活動日時及び期間】
平成29年10月8日(日) 9:00~12:00
(イベント開催日10月14日(土) 15:00~18:00
雨天順延15日(日) 15:00~18:00)

【活動場所】
10月8日(日)組立て作業会場
<住所など>
 西宮市甲子園口6丁目1-36 まつぼっくり保育園
<交通手段>
 JR甲子園口駅 または 阪急今津線阪神国道駅 徒歩12分
10月14日(土)(順延日15日)イベント会場
<住所など>
 西宮市山口町船坂2048番2 西宮市立船坂里山学校
<交通手段>
 さくらやまなみバス「船坂橋」下車 徒歩5分

【費用弁償】
なし

【募集締め切り日】
平成29年10月4日(水)17時まで

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】
※著名な野出正和先生に直接指導を受けることができ、一緒におもちゃ作りに関われます。
※イベント当日のボランティアも同時に募集しています。
※この事業は西宮市・西宮市教育委員会の名義後援をいただいております。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
本会議所は青年としての英知と勇気と情熱を結集し、修練・奉仕・友情の三信条のもと、明るい豊かな社会を築き上げ、恒久的世界平和の実現に寄与することを目的とする。

【活動団体の内容】
・地域社会の産業・経済・文化・政治の改善及び発展に寄与する事業
・青少年の心身の健全な発達に寄与し、地域に対する関心を高め、豊かな人間性を育む事業

【活動区分】
まちづくり・学術、文化、芸術、スポーツ・人権擁護、平和推進・国際協力

高齢者元気まつり【イベント/地域の敬老会のお手伝い・ステージ協力】

【団体名】
西宮市今津地区社会福祉協議会

【募集内容】
"【イベント内容】
今津地区在住の70歳以上の方々をご招待して、「高齢者元気まつり」を開催します。
コーラスやブラスバンドなどのステージを観覧し、最後には抽選会をします。
地域の高齢者の方々が交流し楽しんでもらうことで、元気になってもらおうというおまつりです。
長寿と健康に対するお祝いも兼ねております。

【ボランティア内容】
「高齢者元気まつり」のステージ運営のお手伝いと今津地区の高齢者の方々と一緒におまつりに参加し、ステージなどの催し物を楽しんでもらいます。

【活動日時及び期間】
平成29年10月29日(日)13:00~14:30

【活動場所】
西宮市立今津小学校 体育館(西宮市今津二葉町4−10)

【交通手段】
阪急・阪神電鉄「今津駅」より
南東へ徒歩10分

【費用弁償】
交通費支給

【募集締め切り日】
平成29年9月30日(土)17時まで

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】
イベントへの出演も含めてボランティアをしていただけますので、学生さんによい経験になると思います。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
今津地区における福祉事業の運営と組織的活動を促進し、地域福祉の増進を図ることを目的としている。

【活動団体の内容】
主に高齢者の引き籠り防止に、食事やサロン等の居場所づくりに力を入れている。3歳児までの幼児についても、毎週水曜日は保護者同伴のもと有資格者が中心になって、幼児を団体生活に馴染ませる場所づくりに寄与している。無償活動であるから、奉仕の精神と感謝された時の自分自身への満足感が味わえる。

【活動区分】
■保険、医療、福祉 ■まちづくりの推進を図る活動

西宮酒ぐらルネサンスと食フェア 【日本酒に関わるイベント】

ファイル 101-1.jpg

【団体名】
西宮酒ぐらルネサンスと食フェア実行委員会
(ボランティア事務局:NPO法人コミュニティ事業支援ネット)

【募集内容】
第21回西宮酒ぐらルネサンスと食フェア
今年で21回目を迎える「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」は、西宮の日本酒と伝統文化の発信と食の振興、観光振興を目的とし、西宮商工会議所・西宮市・西宮酒造家十日会・西宮観光協会からなる実行委員会が行い、毎年10万人もの人出で賑わうイベントとなっています。従来から実施している西宮酒造家十日会各社による「味わい酒ぐらひろば」、酒ぐら鍋などの「日本酒と料理を楽しむひろば」、新酒番船パレード、大道芸、えびす親子ひろばなど西宮神社の催しと市内酒造各社のアンテナショップでの関連イベントも開催しています。

【募集内容】
各種イベントの補助
(オープニングセレモニーのサポート、パレードのサポート、司会・ステージの補助、富くじブースのサポートなど)

【活動日時及び期間】
平成29年10月7日(土)9:00~20:30
    10月8日(日)9:00~18:30
※5時間、6時間、終日でもOK
 (お手伝いが可能な時間帯でボアランティアをお願いします。)

【活動場所】
西宮神社(兵庫県西宮市社家町1-17)

【交通手段】
阪神電車西宮駅 南へ徒歩10分

【費用弁償】
・交通費支給 ・食事支給

【募集締め切り日】
平成28年10月4日(水)17時まで

【特記事項】
※お酒をテーマとしたイベントの為、20歳以上の学生が対象です。
ボランティア活動中に飲酒することはありません。
事前説明会:10月3日(火)19:00~20:30 
場所:NPO法人コミュニティ事業支援ネット
説明会日に参加できない方は個別対応もいたします。

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】
西宮の地場産業の日本酒。その魅力や蔵元の特徴を知ることができます。また、イベント運営のノウハウもお伝えします。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
当法人は、まちづくり、芸能・文化、社会教育、経済活性化等、様々な分野のコミュニティ・ビジネス及び地域づくりに取り組む、又は取り組もうとする市民に対して、企業・行政・地域づくり団体など、多彩な主体との協働により、コミュニティ・ビジネス及び地域づくりを推進する事業を行い、地域コミュニティの活性化を図ることを通じて、創造性豊かな市民社会の現実に寄与することを目的としています。

【活動団体の内容】
情報提供・相談・コンサルティング事業/調査研究事業/人材養成事業/団体・個人のネットワーク構築・交流・マッチング事業/普及啓発事業/団体の事業評価事業/職業紹介事業

【活動区分】
□まちづくりの推進を図る活動
□経済活動の活性化を図る活動
□特定非営利活動法人促進法(以下「法」という。)別表1から16に掲げる活動を行う団体の運営または活動に関する連絡、助言または援助の活動

納涼祭 【お年寄りに関わるボランティア/イベント】

【団体名】
特別養護老人ホーム にしのみや苑

【イベント名】
納涼祭

【イベント内容】
にしのみや苑の苑庭で盆踊りをしたり、見たりして、入居者(高齢者)の方々と夏祭りを楽しんでもらいます。

【ボランティア内容】
入居されている方と一緒に盆踊りをしたり見たり、食事をして、ゆっくりと夏祭りを楽しんでもらいます。
また夏祭りのお手伝いをしていただきます。

【活動日時及び期間】
平成29年8月26日(土) 16:00~19:00

【活動場所】
特別養護老人ホーム にしのみや苑 苑庭
雨天時にしのみや苑1Fホール
西宮市甲山町53番地

【交通手段】
阪神バス・阪急バス「甲山墓園下車」

【費用弁償】
食事の無料提供有

【募集締め切り日】
平成29年8月5日(土)17時まで

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
高齢者の入所支援として入所されている方の生活を援助、地域の高齢者の方の生活支援

【活動団体の内容】
高齢者の生活支援、介助。外出やコンサート等のお楽しみの支援

【活動区分】
■保険、医療、福祉 ■まちづくりの推進を図る活動

【夏休み防災未来学校2017】公益財団法人阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター【防災・子どもとのふれあい】

【団体名】
公益財団法人阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

【イベント名】
夏休み防災未来学校2017

【イベント内容】
お子様に防災・減災を楽しみながら学んでいただくことをテーマに、夏休み期間(7月22日~8月31日)に様々な体験型のワークショップを毎日実施するイベントです。毎年開催し近隣の小学生や親子連れの方を中心に、例年期間中10,000人程度の方が参加しています。

【ボランティア内容】
提供するプログラムのファシリテーターやサポートスタッフとして活動していただきます。活動に参加希望者はボランティア説明会〈7月8日(土)〉とプログラム説明会〈7月17日(月・祝)または7月18日(火)いずれか1日〉にご参加してください。(各日10:30~16:00)活動への参加は、説明会後に決定しても結構です。
特段経験が無くてもご参加いただけます。防災・減災について興味のある方、子どもと接することが好きな方、是非ご参加ください。

【活動日時及び期間】
平成29年7月22日(土)~8月31日(木) 10:30~16:00

【活動場所】
人と防災未来センター西館2階
防災ギャラリー
神戸市中央区脇浜海岸通り1-5-2

【交通手段】
阪神岩屋駅または春日野道駅から徒歩10分
JR灘駅から徒歩15分

【費用弁償】
活動補助費として1日800円支給

【募集締め切り日】
平成29年7月5日(水)17時まで

【特記事項】
活動条件:事前の説明会・プログラム説明会に参加できる方。
電子メールでの連絡が出来る方。
原則、期間中3日以上活動出来る方。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
阪神・淡路大震災の経験を語り継ぎ、その教訓を生かすため、展示を通した啓発や研究、災害支援などの活動を行っています。

【活動団体の内容】
阪神・淡路大震災の経験と教訓を次世代に伝えるため、映像や資料、実験やワークショップコンテンツなどで展示紹介しています。また語り部による体験談を聞くプログラム、子どもたちが楽しく防災・減災について学ぶワークショップなどを展開し、子どもから大人まで体験的に防災・減災について学ぶためのきかっけを提供しています。

【活動区分】
社会教育・学術、文化、芸術、スポーツ・科学技術・防災教育

ページ移動