記事一覧

スポーツイベント『第27回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン大会』のボランティア

【イベント名】
第27回武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン大会

【団体名】
特定非営利活動法人 武庫川スポーツクラブ

【イベント内容】
◆毎年の5月3日(祝)に武庫川河川敷で行う70Kmの.マラソン大会。当クラブが主催。
◆例年、全国からエントリーあり参加者数は約1000人。2018年で開催26回目を数える歴史ある大会。
◆1周17.5Kmで河川敷を4回往復してゴール。朝8:30スタート、ゴール閉鎖は17:00。
◆南北に長いコースのため、給水所(エイド)は3ヶ所設置。そのため例年、大会スタッフは約100人にも及ぶ。

【募集内容】
①来場した参加選手を種目別の受付窓口や参加賞窓口などに案内。
②コース上で走る選手の監察業務を行う。
 (ルール違反はないか、体の状態の悪い選手がいないかなど)
③スタート後、給水所(エイド)で選手に水やポカリを提供。
 また食材を刻んでトレイに並べ、給食を提供する。
④ゴール周りの補助業務。
 ゴールテープを持つ、完走者にメダルを欠ける、完走賞を渡すなど。
⑤ゴール後に行う表彰式を補助。表彰状を表彰者に手渡し、副賞の賞品を授与する。
⑥終了後は、会場のある資材の後片付けを手伝う。

【活動日時及び期間】
平成31年5月3日(金祝) 7:00~17:50

【活動場所】
武庫川河川敷 西宮側
山手大橋(山手幹線)下の河川敷が本部会場
本部以外のエイド2ヶ所は、報徳学園下と宝塚市役所下の河川敷
【交通手段】 JR「甲子園口」駅下車、駅から北東へ700m徒歩8分。
(JR「甲子園口」駅には、普通電車のみ停車)

【募集締め切り日】
平成31年3月31日(日)17時まで

【費用弁償】
交通費:スタッフ全員に一律4000円を支給
弁当昼食を支給。また大会参加賞が余ればスタッフにも贈呈

【特記事項】
本大会は、クラブ員スタッフも市民ランナーであり、ランナー目線に沿った手作り感溢れる大会となっています(もちろんボランティアにマラソン経験は問いません)。
詳しくは、大会のホームページをご覧ください。
<武庫川スポーツクラブ>で検索。または http://www.mukogawa-sc.com

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
この法人は、スポ-ツに取り組むすべての人々に対して、マラソン、ランニング、ウォ―キングを主とした生涯スポ―ツの普及と振興を図り、地域と連携しながら、マラソン大会・駅伝大会等の主催、記録会や定期練習会、故障やけが予防に関する講座等を行い、健全な社会づくりに寄与することを目的とする。

【活動団体の内容】
・毎月、武庫川河川敷でロード記録会・月例マラソンを開催
・年間にマラソン・ウルトラマラソン・駅伝など五つの大会を主催

【活動区分】
■保健、医療、福祉 ■学術・文化・芸術・スポーツ ■子どもの健全育成

スポーツイベント『武庫川月例マラソン』のボランティア

【イベント名】
武庫川月例マラソン

【団体名】
特定非営利活動法人 武庫川スポーツクラブ

【イベント内容】
7月8月を除く毎月第3日曜日に武庫川河川敷で実施。タイムは取らず走る距離も自分で決める自由走形式で、競走大会ではない。5Kmから42.195Kmまで自分で決めて、5時間内で自分の目的に沿って自由に走れる大会。

【募集内容】
① 参加来場者を受付デスクへ誘導する
② 給水所(エイドステーション)で、走ってくる選手に給水・給食を提供する
③ (ロード記録会)参加の小学生を招集しスタートラインで整列させる
③ 簡単な表彰式の補助
④ 終了後、会場の資材の後片付け

【活動日時及び期間】
平成30年6月17日(日)8:30~14:30 以後、9月、10月・・と毎月第3日曜日実施(7月・8月はありません)

【活動場所】
<住所など>
武庫川河川敷 尼崎側
<交通手段>
阪神電車「武庫川」駅を尼崎側改札口で下車。
河川敷に降りて、北(上流)へ150m徒歩3分の地点がスタート兼会場。
(雨天の場合は、その先の武庫川大橋下付近)
・武庫川駅には阪神・梅田駅から甲子園・神戸行きで約20分
・神戸・三ノ宮駅から大阪・奈良行きで約30分(急行停車)

【募集締め切り日】
各開催日の4日前までに申し出

【費用弁償】
交通費3000円支給 / 昼食提供あり

【特記事項】
本イベントの詳しい内容や日程は、武庫川スポーツクラブのホームページをご覧ください。武庫川スポーツクラブ→Http://www.mukogawa-sc.com
・ランニングを生涯スポーツとして楽しんでいる様々な市民ランナーの姿を知る。
・ひとつのイベント運営には、多様な役割部署と人材配置が必要との気づき。
・仲間と共に走る楽しさをスタッフ業務を通じて、感じてほしい。
・イベント運営に必要な業務とその人材配置の手法
・ケガや故障予防のために、日常から留意して習慣にする活動など

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
この法人は、スポ-ツに取り組むすべての人々に対して、マラソン、ランニング、ウォ―キングを主とした生涯スポ―ツの普及と振興を図り、地域と連携しながら、マラソン大会・駅伝大会等の主催、記録会や定期練習会、故障やけが予防に関する講座等を行い、健全な社会づくりに寄与することを目的とする。

【活動団体の内容】
・毎月、武庫川河川敷でロード記録会・月例マラソンを開催
・年間にマラソン・ウルトラマラソン・駅伝など五つの大会を主催

【活動区分】
■保健、医療、福祉 ■学術・文化・芸術・スポーツ ■子どもの健全育成

スポーツイベント『武庫川ロード記録会』のボランティア

【イベント名】
武庫川ロード記録会

【団体名】
特定非営利活動法人 武庫川スポーツクラブ

【イベント内容】
1月を除く毎月第2日曜日に武庫川河川敷で実施。参加種目はハーフ(21Km)、10Km、5Km、小学生1Kmランニング。主催者がタイムを取ることで、参加選手は今の走力レベルやその向上程度を確認する機会となる。

【募集内容】
① 参加来場者を受付デスクへ誘導する
② 給水所(エイドステーション)で、走ってくる選手に給水・給食を提供する
③ (ロード記録会)参加の小学生を招集しスタートラインで整列させる
③ 簡単な表彰式の補助
④ 終了後、会場の資材の後片付け

【活動日時及び期間】
平成30年6月10日(日)8:30~12:30 以後、7月 、8月・・と毎月第2日曜日実施

【活動場所】
<住所など>
武庫川河川敷 尼崎側
<交通手段>
阪神電車「武庫川」駅を尼崎側改札口で下車。
河川敷に降りて、北(上流)へ150m徒歩3分の地点がスタート兼会場。
(雨天の場合は、その先の武庫川大橋下付近)
・武庫川駅には阪神・梅田駅から甲子園・神戸行きで約20分
・神戸・三ノ宮駅から大阪・奈良行きで約30分(急行停車)

【募集締め切り日】
各開催日の4日前までに申し出

【費用弁償】
交通費 2000円支給

【特記事項】
本イベントの詳しい内容や日程は、武庫川スポーツクラブのホームページをご覧ください。武庫川スポーツクラブ→Http://www.mukogawa-sc.com
・ランニングを生涯スポーツとして楽しんでいる様々な市民ランナーの姿を知る。
・ひとつのイベント運営には、多様な役割部署と人材配置が必要との気づき。
・仲間と共に走る楽しさをスタッフ業務を通じて、感じてほしい。
・イベント運営に必要な業務とその人材配置の手法
・ケガや故障予防のために、日常から留意して習慣にする活動など

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
この法人は、スポ-ツに取り組むすべての人々に対して、マラソン、ランニング、ウォ―キングを主とした生涯スポ―ツの普及と振興を図り、地域と連携しながら、マラソン大会・駅伝大会等の主催、記録会や定期練習会、故障やけが予防に関する講座等を行い、健全な社会づくりに寄与することを目的とする。

【活動団体の内容】
・毎月、武庫川河川敷でロード記録会・月例マラソンを開催
・年間にマラソン・ウルトラマラソン・駅伝など五つの大会を主催

【活動区分】
■保健、医療、福祉 ■学術・文化・芸術・スポーツ ■子どもの健全育成

障がい者のお祭り『第9回あしや保健福祉フェア』のボランティア

【団体名】
社会福祉法人三田谷治療教育院 ワークホームつつじ

【イベント内容】
『第9回あしや保健福祉フェア』
芦屋の保健福祉センターと木口記念会館の場所で毎年行われています。模擬店や体験コーナー、展示やその他イベントなど盛りだくさんのお祭りです。

【募集内容】
・射的やアイスクリームでの模擬店の販売係(子どもが多いイベントなので楽しく盛り上げてください)
・カブトムシの販売・ふれあいコーナー(毎年カブトムシは大人気のイベントです)
・障害を持った人の買い物のお手伝い。スタッフもちかくにいますので、一緒に楽しんでください。
(※ボランティア活動時間は相談可)
このイベントは、毎年たくさんのボランティアさんに楽しんでいただいているお祭りです。初めての人でも大歓迎。ぜひ一緒にお祭りを盛り上げて下さい。

【活動日時及び期間】
平成30年7月28日(土) 10:00~16:00

【活動場所】
<住所など>
芦屋市呉川町14番9号
芦屋保険福祉センター、木口記念会館
<交通手段>
JR「芦屋」駅から南へ徒約歩15分
阪神「芦屋」駅から東へ徒歩約13分

【費用弁償】
交通費支給(上限1,500円)・食事補助有

【募集締め切り日】
平成30年7月20日(金)17時まで

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】
障がいのある人も町で普通に暮らし働いています。そのためには、まわりの理解や支援を必要とする人たちが必要です。支援方法などに興味を持ってもらえればと思います。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
障害福祉サービス 多機能型事業所(生活介護・就労移行支援)

【活動団体の内容】
利用者(知的障がい者)の能力に応じた作業・職業訓練を行っています。作業内容は公共施設の清掃、箱折・袋詰めの室内軽作業、朝市(野菜販売)

【活動区分】
保健、医療、福祉

子どもの関わる文化イベント『西宮人形劇まつり』

【団体名】
西宮人形劇グループ連絡会

【イベント内容】
『西宮人形劇まつり(中央会場)』
プロ・アマ問わず西宮市内外の人形劇団体が一堂に会する人形劇のおまつりです。
平成6年に開催したのを始まりとして、現在まで毎年開催されており、回を重ねるごとに来場者数は増加し、今では3,000人ほどが来場され大盛況の様子です。
アクタ西宮東館6階の1フロアと、2階の催事場スペースを使って人形劇をはじめとしてフェイスペインティングや風車づくりなど様々な催しが行われます。
(イベント開催時間10:30~17:00)

【募集内容】
・当日来場されるお客様の誘導をメインに行ってもらいます。
・10:00から始まる入場券の販売時の列の誘導や、各会場開始前の列の整理等を行ってもらいます。
・人形劇団の物資搬入の手伝い、マスコットキャラクターの介添え等。
※ボランティア活動時間は相談可

【活動日時及び期間】
平成30年6月24日(日) 9:00~17:00

【活動場所】
<住所など>
西宮市北口町1番
アクタ西宮東館
<交通手段>
阪急「西宮北口」駅北出口(2階)より徒歩1分

【費用弁償】
1日1,000円・昼食に弁当支給

【募集締め切り日】
平成30年6月20日(水)13時まで

【ボランティア活動を通じて学生に伝えたいこと】
西宮は「人形操り発祥に地」であり、人形劇の楽しさを多くの人に伝えるために多くの団体がこのイベントに参加しています。人形劇を通じた芸術文化振興に携われます。

□■ 団体情報 ■□
【団体の活動趣旨】
平成6年から開催されている西宮人形劇まつりを引き継いで開催するべく平成21年度に発足、人形劇に関する公演・講座等を行い「人形操り発祥に地」である西宮の活性化を目的する。

【活動団体の内容】
・6月に西宮人形劇まつり
・7月~翌年3月にかけて毎月1回定期公演を行う
・8月に人形劇こども講座

【活動区分】
学術、文化、芸術、スポーツ